愛人募集掲示板

旦那とは家庭内別居状態でした。
寂しくて、誰かの肌に触れたくて、私は愛人募集掲示板に書き込んだんです。
愛人募集掲示板で知り合った男性は弁護士さんでした。
色々相談にも乗ってくれて、とても頼りになる男性でした。
何回かのやり取りの後、彼に会える日が決まりました。
私がドキドキとしていると、何かを察したのか、旦那が携帯を見せろと言ってきました。
メールやラインを見られたけど、彼との連絡はすべて愛人募集掲示板でしていたので、旦那には見つかりませんでした。
デート当日、待ち合わせ場所には優しそうな少し丸っこい男性がいました。
彼とのデートは本当に楽しくて、すごく癒されました。
弁護士なのに偉そうなそぶりもなくて、美味しく食事して、楽しくお散歩ができました。
私たちはデートの最後にホテルに行くことにしました。
彼は「本当にいいの?」と確認してくれましたが、私が「抱いてほしい」というと、私をベッドヘそっと寝かせてくれました。
お金くれるパパ
彼はゆっくりと私の洋服を一枚一枚脱がしていき、乳首をぱくりと口に含みました。
舌で優しく転がされると、思わず声が出て、私は久々のセックスにすごく感じているのが自分でもわかりました。
「こんなことしてさ……旦那さんにばれちゃうんじゃない?」
彼は笑いながらそう言いました。
「ばれたら、私の弁護してね」
私はそういうと彼は「じゃあ、顧問契約料は身体でしっかり払ってもらわないとね」と言って、私のマンコに指を入れてきました。
「指だけじゃいや~」
私がそういうと彼は私の頭を撫でて、自分のものを私のマンコに突っ込みました。
彼の太いそれが私の奥にあたる度、体中が性感帯になったようで、私は何度もいってしまいました。
「ねぇ、旦那さんと離婚出来たらさ……愛人じゃなくて僕の奥さんになってよ」
全てが終わった時、彼がそう言ってくれました。
とりあえず、旦那と離婚するための力強いパートナーを手に入れたようです。
筆おろし
結婚



No Comment